月別アーカイブ: 2019年5月

赤ちゃんがなかなかできなくて主人の実家では辛い思いをしました

結婚してやっと赤ちゃんを授かったのが8年後でした。赤ちゃんができなかった7年間は、とても辛い思いをしながら生活をしていました。

辛いのは主人の実家に行った時です。主人には姉が1人いて、結婚していて子供も2人います。

結婚したら子供ができて当たり前、できなければ欠陥だという考えの義両親。散々嫌味を言われてきました。

義姉の子供が私に対して人見知りをしてなかなか懐かなければ、「よその人がいると嫌だよね~」と言われました。

義姉や義母の知り合いが妊娠したら、これみよがしに言ってきました。

私が妊娠しないのは私だけのせいで、主人は全く悪くないと思っているようでした。

実際検査をしたわけではないので、私自身が妊娠しにくいのか、主人の精子に問題があるのかはわからないにもかかわらず、一方的に責め立てられました。

ですから、主人の実家に行かなければならないお盆やお正月は体調が悪くなるくらい辛かったです。主人もかばってくれませんでしたし。

本当に主人を恨みましたよ、「ちゃんと矢面に立ってよ!」となんど文句を言いそうになったかわかりません。

ですが、やっと結婚後8年経って自然妊娠し(特に何もしていない)、妊娠報告を義母にしたんですが、その時は素直に「おめでとう、よかったね」と言ってくれました。

それからは、やっと家族の一員として認められたようで、以前のような「よその人」扱いはされなくなりました。

でも私の中にはやっぱりまだ自分が言われたことやされたことが残っていて、モヤモヤはしています。妊娠中も何事もなく可愛い女の子を出産できました。

自分の今日を占うタロット占いとは

数多くの占いがある中で、自分の将来やきょう一日をどのように過ごせばいいのか何かに頼りたくなる日もあると思います。そんな中で、占いを信じて今日一日を過ごす方も多いのではないでしょうか。

しかし、占いと言っても数多くの種類があり何をしていいのか迷っている方も少なくないでしょう。たくさんある占いの中で、タロット占いは昔からあり的中率も高いことからこの占いを信じている人も珍しくありません。サラリーマンの聖地?新橋は占い(参/新橋 占い)も盛んですがタロット占いを用いる占い師は多いです。

この、タロット占いとはまずカードを用意することから始めます。タロットカードは、基本的に78枚ありそれぞれの絵が違いますが一つ一つの意味を覚える必要はありません。
また、始める前にカードが落ちないような場所を選び何かクロスなどを敷くことがポイントです。ここで、黒いクロスは凶とされていますから避けたほうが無難です。他にも、お香やなどを用いて場の空気を浄化させることが大切です。自分自身も浄化する意味を込めて、きちんと手をハンドソープや石鹸で洗いましょう。

次に、カードを混ぜていきます。自分が、もういいと思ったタイミングでカードを横向きにします。そして、質問事項を、3つに分けてカードを分けていきます。すると、大アルカナと子アルカナに分かれ大アルカナの22枚のほうが重要な意味を持つためこちらを重点的に見ていくことが必要です。

こうして、タロットカードに慣れることが一番大切ですからまずは大アルカナの22枚を使用して占いをしていくことも可能です。
このように、毎日タロットカードを使用して慣れてきたらワンカードオラクルという方法で一日を占うのもいい方法だと言えます。こちらの占い方は、シャッフルして一番上のカードでも自分の好きな位置にあるカードでも構いませんので質問事項を頭で考えながら一枚のカードを選びます。そこで、選んだ絵を見て自分なりにインスピレーションでイメージして今日一日を占う方法です。こちらの方法は、非常に簡単ですし朝忙しいという方でもすぐに占うことが出来る最適な方法であります。

一日を過ごす中で、何か二つの選択肢を選ばなければならないという日があるのでしたらツーカードオラクルもおすすめです。こちらは、気になる二つのカードを選ぶことでどちらを選択すればいいのかを明確にしてくれるでしょう。
このように、忙しい毎日を過ごす中で迷ったり気持ちが上向きにならない日も必ずあります。そんな時には、タロットカードを気持ちを込めて引いてみるのも一つの方法なのではないでしょうか。