月別アーカイブ: 2018年4月

赤ちゃんがなかなかできなくて主人の実家では辛い思いをしました

結婚してやっと赤ちゃんを授かったのが8年後でした。赤ちゃんができなかった7年間は、とても辛い思いをしながら生活をしていました。

辛いのは主人の実家に行った時です。主人には姉が1人いて、結婚していて子供も2人います。

結婚したら子供ができて当たり前、できなければ欠陥だという考えの義両親。散々嫌味を言われてきました。

義姉の子供が私に対して人見知りをしてなかなか懐かなければ、「よその人がいると嫌だよね~」と言われました。

義姉や義母の知り合いが妊娠したら、これみよがしに言ってきました。

私が妊娠しないのは私だけのせいで、主人は全く悪くないと思っているようでした。

実際検査をしたわけではないので、私自身が妊娠しにくいのか、主人の精子に問題があるのかはわからないにもかかわらず、一方的に責め立てられました。

ですから、主人の実家に行かなければならないお盆やお正月は体調が悪くなるくらい辛かったです。主人もかばってくれませんでしたし。

本当に主人を恨みましたよ、「ちゃんと矢面に立ってよ!」となんど文句を言いそうになったかわかりません。

ですが、やっと結婚後8年経って自然妊娠し(特に何もしていない)、妊娠報告を義母にしたんですが、その時は素直に「おめでとう、よかったね」と言ってくれました。

それからは、やっと家族の一員として認められたようで、以前のような「よその人」扱いはされなくなりました。

でも私の中にはやっぱりまだ自分が言われたことやされたことが残っていて、モヤモヤはしています。妊娠中も何事もなく可愛い女の子を出産できました。

家族になりたい

夫と結婚して、7年が経ちました。恋人時代から新婚時代は、夫婦2人での生活を楽しみたいと思っていました。

この人と今後もやっていけるかどうかを見極めたかったし、経済的にも安心できるようになったら子供を作ろうと思っていました。

5年目を迎えた頃から、子供が欲しくて夫婦でチャレンジしています。

最初はすぐにできるだろうと思っていました。しかし、欲しいと思ったときに限ってなかなかできないものです。

妊活についてたくさん調べて、子供ができやすい環境を作りました。

体の冷えがよくないと知って、半身浴や軽い有酸素運動を始めました。

また、妊活には第一に食生活だと思い、なるべく添加物のないものを選んだり、肉中心だった生活を見直して野菜をたっぷりとるようにしたりしました。

生活習慣を見直したにも関わらず、赤ちゃんはなかなか来てくれませんでした。

子作りを始めて1年が経っても一向に妊娠せず、ついに産婦人科を受診することになりました。

妊娠しやすいタイミングをはかってもらいながらチャレンジしていますが、なかなか赤ちゃんは来てくれません。

焦ると余計に妊娠しないものだとわかっていても、焦らずにはいられません。諦めた時に妊娠するものだという話もよくききますが、諦めようと考えれば考えるほど赤ちゃんが欲しいという思いが頭から離れなくなってしまいます。

最近は体質改善や通院の他に、ジンクスや神頼みにも手を出し始めました。子宝に恵まれるという噂のあるものは、どんなに遠方のものでも旅行のつもりで試してきました。

いつまでかかるかはわかりませんが、今後も効果がありそうなものはどんどん取り入れたいと思っています。いつか夫との赤ちゃんを抱くことができる日がくるのを夢見て、毎日やるべきことをやっていくのみです。

顔が大きいから集合写真はなるべく後に

「はあ・・・・」手元に届いた写真も見て、いつもため息が。「また、これもそうだ」。私は人と写真を撮るのが大嫌いです。なぜなら、私の顔は大きいのです。普段はあまり気にならないのですが、写真は現実を私につきつけてきます。なるべく、遠近法を使い、人よりちょっと後ろに下がってみたり。少し上を向いて二重あごを目立たなくさせたり、涙ぐましい努力です。

美顔器を購入してマッサージをしてみたり、小顔マスクなるものをつけてお風呂に入ってみたり(これはかぶれてしまって、逆に腫れて顔が大きくなってしまいした)、お化粧でシャドウを入れて顔が小さく見えるように研究してみたり色々試してみましたがダメでした。

最近は、シックスパッドなどで出来るemsを顔に出来る美顔器もあるので、それもやってみたけどイマイチでした。

資料サイト シックスパッド(sixpad)効果なしって口コミは嘘?本当?

あと、ひとつまだ試していないことがあります。それはダイエット。体重を落とせばたぶん二重あごの分は小さくなると期待して、今日から食事療法とウォーキングを始めようと思っています。目標はお正月の女子会旅で、みんなと並んで写真を堂々と撮ることです。