赤ちゃんがなかなかできなくて主人の実家では辛い思いをしました

結婚してやっと赤ちゃんを授かったのが8年後でした。赤ちゃんができなかった7年間は、とても辛い思いをしながら生活をしていました。

辛いのは主人の実家に行った時です。主人には姉が1人いて、結婚していて子供も2人います。

結婚したら子供ができて当たり前、できなければ欠陥だという考えの義両親。散々嫌味を言われてきました。

義姉の子供が私に対して人見知りをしてなかなか懐かなければ、「よその人がいると嫌だよね~」と言われました。

義姉や義母の知り合いが妊娠したら、これみよがしに言ってきました。

私が妊娠しないのは私だけのせいで、主人は全く悪くないと思っているようでした。

実際検査をしたわけではないので、私自身が妊娠しにくいのか、主人の精子に問題があるのかはわからないにもかかわらず、一方的に責め立てられました。

ですから、主人の実家に行かなければならないお盆やお正月は体調が悪くなるくらい辛かったです。主人もかばってくれませんでしたし。

本当に主人を恨みましたよ、「ちゃんと矢面に立ってよ!」となんど文句を言いそうになったかわかりません。

ですが、やっと結婚後8年経って自然妊娠し(特に何もしていない)、妊娠報告を義母にしたんですが、その時は素直に「おめでとう、よかったね」と言ってくれました。

それからは、やっと家族の一員として認められたようで、以前のような「よその人」扱いはされなくなりました。

でも私の中にはやっぱりまだ自分が言われたことやされたことが残っていて、モヤモヤはしています。妊娠中も何事もなく可愛い女の子を出産できました。